ANDANTEとは


ANDANTEは、発達障害などの子供たちのための学習塾です。

発達障害とは、

  • 読み・書き・計算などに困難を示すLD(学習障害)
  • 不注意・多動・衝動性の特性があるADHD(注意欠陥多動性障害)
  • 社会性(対人関係)やコミュニケーションに問題を抱える自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群を含む)

などのことをいいます。



 彼らは、従来の学校教育では十分に対応されなかったため、勉学意欲はあるものの授業について行けず、不登校になってしまう子も多いというデータがあります。

 発達障害を持つ子供たちに最も必要な支援は、学習支援です。
学習とは、能力や興味にあったものでなければ、誰でも意欲は湧いてきません。ANDANTEでは、臨床心理士や、発達障害を専門に研究している大学生・大学院生、教員など、充実した講師陣のもと、そのようなお子さんに対し、一対一のていねいな指導・対応をおこなっています。
どうぞご活用ください。

(宇都宮大学教育学部教授 梅永雄二)


運営団体:一般社団法人 栃木県若年者支援機構

 

http://tochigi-yso.org/

 
 社会情勢の悪化と雇用状況の厳しさを受けて、平成22年6月、県内全域の若者支援を目的に、栃木県内の若者支援団体14団体が結集して設立されたのが、「一般社団法人栃木県若年者支援機構」です。

 不登校やひきこもり、若年無業者といった状態の方や、何かしらの困難を抱える若い人たちなど、誰もが社会に出て自立していけるよう、支援活動を続けています。
厚生労働省や栃木県教育委員会等からの事業を受託し、「しごと」を体験する場を作ったり、御用聞きなどの地域のお手伝いを若い人が担っていくサポートをしたりしています。

 その中でも発達障害や発達障害グレーゾーンの方々には、個別の支援が必要であると、仕事の現場からも実感し、一人ひとりに合った支援を心掛けています。
 平成24年度からは、「とちぎ若者サポートステーション」を受託し、相談から学びと働きの総合的な支援を構築することで、若い人たちが社会に出る架け橋となるべく、全力で取り組んでまいります。