発達障害とは

定義

発達障害者支援法において、「発達障害」は、

「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」
(発達障害者支援法における定義 第二条より)

と定義されています。

 

発達障害の特徴

発達障害の特徴と、学習支援において配慮すべきことをご説明します。